News Releaseニュースリリース

投稿日:

ART-001(低流速型脈管奇形の治療薬の開発)がAMED令和3年度「創薬支援推進事業・希少疾病用医薬品指定前実用化支援事業」に採択されました

弊社PI3Kα阻害薬ART-001の新規低流速型脈管奇形治療薬としての開発プログラムが、日本医療研究開発機構(AMED)の令和3年度「創薬支援推進事業・希少疾病用医薬品指定前実用化支援事業」に採択されました。

リンク:https://www.amed.go.jp/koubo/11/02/1102C_00004.html

 

低流速型脈管奇形は、小児期からみられる血管やリンパ管の形成異常で、自然退縮はせず、成長などに伴って進行し、生涯に渡る疾患治療・管理が必要な希少疾患の一つです。低流速型脈管奇形の多くの患者で、脈管形成を担うPI3K経路を構成するPI3Kαやその上流のキナーゼをコードする遺伝子の体細胞性の機能獲得型変異が報告されています。ART-001は、PI3Kαの活性を選択的に阻害することで、異常亢進したPI3K経路の活性を抑制して治療効果を発揮することが期待されます。本プログラムは、平成30年度からの3年間、AMEDの創薬支援推進事業・希少疾病用医薬品指定前実用化支援事業のサポートを受け、製剤の開発と第Ⅰ相臨床試験を完了すると共に、疾患をより深く理解するための臨床研究を実施し、令和3年度第2四半期から第Ⅱ相臨床試験を開始する計画です。引き続き弊社は、一日も早く有効な治療薬を患者様へお届けできるよう努めてまいります。


投稿日:

米国臨床薬理治療学会議ASCPT 2021にて弊社類天疱瘡及びCOVID-19治療薬候補ART-648と脈管奇形治療薬候補ART-001の臨床第Ⅰ相試験結果を発表します

ARTham Therapeutics株式会社(以下、当社)は、このたび、2021年3月8日から17日に開催される第122回米国臨床薬理治療学会議(American Society for Clinical Pharmacology and Therapeutics (ASCPT) 2021)において、新規PDE4阻害薬ART-648と新規PI3Kα阻害薬ART-001の臨床第Ⅰ相試験の結果を発表することとなりましたのでお知らせします。ART-648は、選択的経口PDE4阻害薬で、現在、水疱性類天疱瘡及び新型コロナウィルス感染症の治療薬として開発中です。また、ART-001は、選択的な経口PI3Kα阻害薬で、現在、低流速型の脈管奇形を対象に開発中です。発表の詳細は以下の通りです。

 

タイトル:PII-040 – The novel PDE4 inhibitor ART-648 exhibits robust target engagement at clinically safe and tolerated doses identified in healthy subjects

タイトル:PII-041 – Safety and pharmacokinetics of novel PI3Kα inhibitor ART-001 in oral pediatric formulation for the treatment of vascular malformations

セッション:Interactive Poster Hour II

日時: 3月13日(土)午前8:00 – 9:00(日本時間)

 

【ART-648について】

ART-648は、経口投与可能なPDE4阻害薬で、現在、水疱性類天疱瘡及び新型コロナウィルス感染症を対象に開発中です。ART-648は、強力かつ選択的にPDE4を阻害し、in vitroあるいはin vivoの病態モデルにおいて直接的な「抗炎症」、「抗代謝異常」、「抗線維化」の作用を示しました。また、ART-648は、優れた物理化学的特性を有しており、すでに市場にあるPDE4阻害薬に比べ、同等ももしくはより高い忍容性を有する可能性が、第Ⅰ相試験の結果から明らかとなっています。第IIa相試験の開始は、2021年後半を予定しています。

 

【ART-001について】

ART-001は、経口投与可能なPI3Kα阻害薬で、現在、低流速型の脈管奇形を対象に開発中です。ART-001は、強力かつ選択的にPI3Kαを阻害し、in vitroあるいはin vivoの病態モデルにおいて「抗腫瘍作用」や「血管新生抑制作用」を示しました。また、弊社が開発した新規製剤よる優れた薬物動態及び安全性プロファイルが、健康成人を対象として第Ⅰ相試験で明らかとなりました。新規製剤により小児患者での投与も可能になります。第IIa相試験の開始は、2021年後半を予定しています。

 

【ARTham Therapeutics株式会社について】

当社は、未だ十分な治療法が確立されていない疾患を有する患者さんへ真に有効な治療薬 “Medicines that matter” をお届けする創薬バイオベンチャーです。最先端のサイエンスを駆使して創薬アセットの隠れた価値を見出し、効率的かつ迅速な臨床POCの取得を目指します。当社の事業モデルは、ベストなアカデミアやビジネスパートナーとの協業による「バーチャルR&Dモデル」です。詳細については、https://www.arthamther.com/をご覧ください。

 

【本件に関するお問い合わせ先】

電話:045-225-8858

info@arthamther.com


投稿日:

第三者割当増資によるシリーズB資金調達実施のお知らせ

ARTham Therapeutics株式会社(以下、当社)は、みやこキャピタル株式会社、武田薬品工業株式会社、SMBCベンチャーキャピタル株式会社、みずほキャピタル株式会社、大分ベンチャーキャピタル株式会社、横浜キャピタル株式会社を引受先とする総額約5.9億円の第三者割当増資を実施しましたので、お知らせいたします。

 

すでに二つのリードプログラムART-648とART-001の臨床第I相試験が終了し、当社では、現在、2021年度上半期の第II相試験の開始に向けた準備を進めております。今回の資金調達により両プログラムにおける臨床POC(proof-of-concept)獲得に向けた研究開発をさらに加速します。

 

【ARTham Therapeutics株式会社について】

当社は、未だ十分な治療法が確立されていない疾患を有する患者さんへ真に有効な治療薬 “Medicines that matter” をお届けする創薬バイオベンチャーです。最先端のサイエンスを駆使して創薬アセットの隠れた価値を見出し、効率的かつ迅速な臨床POCの取得を目指します。当社の事業モデルは、ベストなアカデミアやビジネスパートナーとの協業による「バーチャルR&Dモデル」です。詳細については、https://www.arthamther.com/をご覧ください。

 

【本件に関するお問い合わせ先】

電話:045-225-8858

info@arthamther.com


投稿日:

ARThamのCOVID-19プログラムがAMEDの支援事業に採択されました

弊社提案の「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の重症化予防と長期予後改善のための治療薬とコンパニオン診断薬の開発」が、日本医療研究開発機構(AMED)の令和2年度 「新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業(新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する治療薬開発)」に採択されました。

リンク:https://www.amed.go.jp/koubo/01/06/0106C_00038.html

 

新型コロナウィルス感染症COVID-19に対する有効な治療法の開発は、国際的な喫緊の課題であります。弊社は、共同研究機関と共に重症化リスクの早期診断法を確立し、重症化予防と長期予後改善のための治療薬の開発に取り組みます。


投稿日:

PI3K阻害薬ART-001の臨床第Ⅰ相試験開始のお知らせ

ARTham Therapeutics 株式会社は、PI3K阻害薬ART-001について、臨床第Ⅰ相試験を開始しましたことをお知らせいたします。

 

本試験は、日本において、健康成人男性被験者を対象に実施する、無作為化、単施設、二重盲検、プラセボ対照試験であり、単回及び反復投与によるART-001の安全性、忍容性、薬物動態を評価します。本試験の詳細情報につきましては、以下をご参照ください。

https://www.clinicaltrials.jp/cti-user/trial/ShowDirect.jsp?clinicalTrialId=30973

 

ART-001は脈管奇形や過成長症候群を対象として開発を進めております。いずれも承認された治療薬はなく、アンメットメディカルニーズの非常に高い疾患です。弊社は、患者さんへ真に有効な治療薬 “Medicines that matter” を届けるため、引き続き努めて参ります。

 

本件に関するお問い合わせ:info@arthamther.com